海外旅行

2泊3日台湾旅行!台北・九份・十分を巡る格安旅レポート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2泊3日の台湾旅行レポート
スポンサードリンク

どーも!お久しぶりです!夏休みが終わりそうで泣きそうなT.T.です゚(T_T)/

今回は大学時代から憧れていた夢の台湾旅行に行ってきましたので、そのレポート記事を書きたいと思います。

旅の友は大学時代から共に台湾旅行に憧れていたビギナーズスロット企画でおなじみ友人Kです。

中国語で友達は盟友(ポンヨウ)というらしいので今回は友人Kではなくポンヨウということになりました笑

Kのポンコツらしさが出ていて良い名前ですね。

ビギナーズスロット第3弾!寺やる!寺井一択に会いに行く!

今後2泊3日の台湾旅行を考えている人の参考になればと良いなと思います。

※詳細に買いているため記事にボリュームが有ります。必要な所のみかいつまんで流し読み推奨です。

2泊3日台湾旅行

今回はググって発見したコチラのブログの旅程と海外旅行のバイブル「地球の歩き方 台湾」を参考にプランを組みました。

海外初心者必見!2泊3日で台北を思う存分満喫する旅ガイド!台湾人の監修付き


D10 地球の歩き方 台湾 2017~2018

旅の予算

今回は空港で一人5万円を台湾ドルに換金しました。

飛行機代は保険費用2500円を入れても3万円以内です。

最後に5000円ほど余ったので、合計7万円程度で2泊3日の台湾旅行を終えることが出来ました。

上記サイトに大体の予算がまとめられていますので、そちらを引用させていただきます。

台湾旅行の予算目安 金額
台湾での食事費用 10,000〜15,000円
台北の観光費用 3,000円
九份観光費用 1,500〜6,000円
台北公共交通機関費用 1,000円
台北タクシー利用費用 2,000〜3,000円
足裏・全身マッサージ費用 1,650〜5,000円
通信費用 1,000〜4,000円
海外旅行保険費用 無料 (クレジットで代用)
合計 20,150〜37,000円

値段はコチラの表に書かれている通りでほぼ間違いないと思います。

ご飯などの物価は日本と比較して5割から7割位でしょうか。

タクシーの移動費は10分から20分程度の距離でおおよそ600円から1000円くらいです。

ちなみにUberタクシーが台湾で使えるようになったようで、実際に使ってみました!

値段は普通のタクシーと同じくらいなのですがぼったくられる心配がなく、クレカ自動引落しで現金払いしなくていいため楽です笑

心配症の方はUberタクシーを利用するといいかもしれません。

台北駅から九份などの1時間以上かかるバスや列車は1人400円程度と格安です。

僕の旅行で違った点のみ書いていきます。

通信費用の部分については空港で売っている「遠傳電信」と書いてあるSIMが3日1200円程度でした。

4.5Gの高速通信が無制限で行え、合計10分間までなら通話無料です。

テザリングが問題なくおこなえたので、1人はSIM、1人はテザリングで運用。

3日間2人で通信費1200円とかなり安くすみました(^O^)

1日目旅程

  • 四平街蕃茄牛肉面(お昼ご飯)
  • 忠烈祠
  • 国立故宮博物院
  • マッサージ(飛来発休閒中心)
  • 士林夜市(夜ご飯は食べ歩き)
  • 金年華三温暖(宿泊場所)

1日目は8時半関西国際空港発でお昼前から台湾の空港を出て行動しています。

最後の宿泊場所到着が22時半くらいです。

それぞれについてみていきましょう。

今回はT.T.の満足度からおすすめ度を5段階評価で表していきたいと思います。

四平街蕃茄牛肉面

おすすめ度 ★★★☆☆

地球の歩き方にも乗っている食堂です。

グーグルマップリンク

地元のOLから観光客まで入っており、大盛況でした。

食堂なので、銀の簡易椅子やテーブルで清潔感はあまりありません笑

トマトの酸味がきいた刀削麺とチャーハンを注文。

刀削麺の麺はお餅のような塊です。

僕はアジア料理によくある匂いや癖が得意ではないのでめちゃくちゃ美味!というわけではありませんでしたが、食べきる程度には美味しかったです。

チャーハンは米が少しねちゃっとしており、めちゃくちゃ甘かったので最後までは食べきれませんでした笑

忠烈祠

おすすめ度 ★★★★☆

抗日戦争や共産党軍との戦いで国民党政府のために戦士した人々の例を創建されたそうです。

グーグルマップリンク

とにかく壮大なスケールとシンメトリーの美しさは圧巻でした。

兵隊さんのロボットのような行進が観光名物になっておりました。

国立故宮博物院に行くなら立ち寄ってもいいとおもいます。30分位いれば満足できると思います。

国立故宮博物院

おすすめ度 ★★★★

グーグルマップリンク

世界4大博物館と言われている最大級の博物館です。

博物館などは観光プランから外すことが多いT.T.としてはここに行くかかなり悩みました。

博物館って知識がないと十二分に楽しめないので、「へー」でおわっちゃうんですよね;;

ただ世界4大博物館などといわれていたので、んじゃまぁ行きますかと行ってみたのですが予想以上に楽しめました。

というのも、大きい、展示物が多い!というだけでなく、ARなど最先端技術を駆使して参加できるコーナーがいくつもあり、

また、中のデザイン、造りもかなり見ごたえがあります。

69万点を見るのはかなり厳しいと地球の歩き方にも書かれており、

いくつか有名なものがピックアップされています。

その中に何故か白菜があります。

おみやげにも白菜がずらり。

しかし僕たちはこの白菜をみつけることができませんでした。

というのもポンヨウが後に調べた所、この白菜はちょくちょくいろんな博物館へ出張するらしいです笑

つまり僕たちは白菜は見れなかったので68万9999点しか見ることが出来ませんでした。

 

残念です。

 

夏場であれば涼むこともできます!

ただし、クーラーきつめですので、羽織るものがあったほうが良いかと思います笑

飛来発休閒中心

おすすめ度 ★★★★★

グーグルマップ

ここはあるブログで紹介されていたのですが、そのブログでは写真しか無く店の名前、場所がわかりませんでした。

ただ、博物館を歩き回って疲れていたので、夜市近くで良いマッサージ屋に連れて行ってくれとタクシーの運ちゃんに頼んで

つれてきてもらった場所がブログで紹介されていた店でした笑(ラッキー!)

台湾式マッサージは少し痛いのですが、かなり疲れがとれますので、是非観光の間に差し込んで見て下さい!

士林夜市

おすすめ度 ★★★★★

グーグルマップ

台北で一番有名な最大級の夜一です。

台北に来たら絶対に行くべきだと思います。

マーケットというとタイやベトナムでも行ったことがあり、おおよそ食材や布、衣服を大量に売っている場所なのですが、

台北の夜一は出店の食べ物、おもちゃ、靴や帽子、衣服類に加え、ゲームセンターや的屋があります。

歩いて食べて遊んでお土産を買えば2時間くらいあっという間にすぎてしまいます。

台北市内は町全体が日本の雰囲気に似ているので、ここにくるまであまり台湾にきたという感覚がなかったのですが、

ここは日本では見られないような光景ばかりでTHE 台湾!という感じがしました!

金年華三温暖

おすすめ度 ★★★★☆

グーグルマップ

サウナには入れて、ご飯が食べれて、マッサージが受けれて、休憩できるという日本のスーパー銭湯のような場所です。

日本のスーパー銭湯はベットなどないため、疲れが取れにくいかとおもいますが、

コチラのサウナはベットスペースがあります。

12時間いることができ、サウナ(入浴)だけなら2400円くらいなので、宿泊費を安く抑えることができます。

男風呂しかないため、男性限定です。

さらにいかがわしいサービスの勧誘も来るので、そういうのが苦手な方はやめたほうがいいかと思います。

ここに泊まると決めた時は、疲れはとれないだろうなと覚悟していたのですが、

ベット数にも余裕があり、爆睡できたのと朝風呂まで入れるのでもはやホテルと変わりませんでした。

シャンプー、洗顔、ボディーソープはもちろん、歯ブラシ、カミソリ、タオル類などもあるので、荷物を大幅に減らすことができました。

2日目旅程

  • 朝食兼お昼ご飯
  • Ruifang Station 瑞芳車站
  • 十分(ランタンを飛ばす場所。線路の隣に店が並ぶ場所)
  • 九份(千と千尋の神隠しの舞台になったと言われる場所。夜ご飯も込)
  • 亜太三温暖(宿泊場所)

朝11時頃から行動し始めています。

宿泊場所に到着したのが23時頃です。

朝食兼お昼ご飯に魯肉飯(ルーローファン)

おすすめ度 ★★★★★

タクシーの運ちゃんに一番好きな台湾料理を聞いたところ魯肉飯を紹介されたので朝ごはんに決定。

甘い肉がご飯に乗っかってる感じです。

僕が食べたところは台北駅の地下街をずっと歩いて行った先にあるこじんまりとした店なのですが、

茶碗一杯分が80円ほどとかなり安い上に食べた台湾料理の中でベスト3に入るほどおいしかったです。

台湾に行ったら絶対食べてください。

瑞芳車站

おすすめ度 ★★★☆☆

グーグルマップ

九份と十分へ行くならば、台北駅から瑞芳車站までTRAという電車で行き、どちらかに分岐します。

台北Railとか本とかに書いているとおもうのですが、駅ではTRAとしか標識がでていないので、かなり迷いました(笑)

お気をつけて!

十分

おすすめ度 ★★★★☆

グーグルマップ

線路沿いに店が乱立しており、まるで街中に電車が通っているかのような場所です。

電車が来ない間は線路上を歩くことができます。

また、ラプンツェルに出てくるようなランタンのようなものを空に飛ばすのが観光名物です。

お金を払うと、願い事を書いて飛ばせます。

でっかい橋があり、眺めが最高なので、1時間くらいは余裕で楽しめます。

ただ、行くまでに時間がかかるのと、電車が数十分座れないほどいっぱいなので、星4つとしました(笑)

16時ごろにここをまわって日が暮れそうな時間に九份へ行くのがベストかと思います。

九份

おすすめ度 ★★★★★

グーグルマップ

千と千尋の神隠しの元になった?と言われている台湾の観光スポット九份です!

日が沈んでくるとかなり雰囲気が出てき、また夜景もきれいなのでおすすめです。

夜ご飯もここでたべるとなると3時間は見ていてもいいと思います。

ただ、いちばん有名な階段のところはもう人が多すぎて時間帯によっては全く見えません。

写真撮影も厳しいと思います笑

19時くらいがピークで20時21時あたりになると人は大分減っていました。

自称湯婆婆の家の茶屋もあります。

亜太三温暖

おすすめ度 ★★★★☆

グーグルマップ

金年華三温暖と同じく宿泊できるサウナです。

値段も同じ2400円位。

台北駅からは少し外れたところにあります。

しかし、金年華三温暖よりも中がきれいで、25mプールのような水風呂もあります。

僕的には金年華三温暖よりもおすすめですね。

3日目旅程

  • 台北101(東アジア1高いビル)
  • 鼎泰豐(ディン タイ フォン) (小籠包で超有名なお店)
  • 西門新宿(日本の原宿・渋谷・秋葉を混ぜたような街)

3日目は朝11時半頃から行動し始め、帰国のため西門新宿をでたのが16時半頃ですのでおよそ、5時間ほどの行動になります。

台北101

おすすめ度 ★★★★★

グーグルマップ

東アジアで最大のビルです。

展望台も有り、5Fのチケット売り場で購入します。

この際、チケットカウンターでかなり列を作っているのですが、その隣の自動発券機なら並ばず同じものを買えてしまうので是非そちらでどうぞ。

展望台まで30秒ほどでつく最速エレベーターでいくのですが、中も展望台もあべのハルカスそっくりでした笑

ビル内が面白い作りになっていて、ブランドが入りまくっているので、女性に特におすすめですね。

鼎泰豐(ディン タイ フォン)

おすすめ度 ★★★★★

台北101ビルの地下にあるので、101に行った方は絶対行くべきです。

テーマパークのアトラクションのように何分待ちと表示され、予約券を発券し、オーダーを通してから待ちます。

101をみてまわる前にここに来て発券することをおすすめします。

小籠包は超美味しかったです。

エビ入りではなく普通のニク入りのほうが美味しいので是非そちらをどうぞ。

西門新宿

おすすめ度 ★★★☆☆

グーグルマップリンク

日本の原宿と渋谷と秋葉を混ぜたような街といわれています。

なので台湾らしさなどはあまりなく、ほぼ秋葉でみれる光景(フィギュアだらけの店やゲームショップなど)です。

帽子や靴屋さんも大量にあるのですが、ほぼ同じ品ばかりです。

個人的には他を優先して回ったほうがいいんじゃないかなと感じたので星3つにしました。

まとめ

2泊3日の台湾旅行を詳細にレポートしてみました。

かなり長くなってしまったのですが、同じような日程で台湾旅行を考えている方の参考になればと思います。

ここまで詳細ではありませんが、山口県を旅行したレポート記事もありますのでそちらもどうぞ。

参考になったという方はシェアや読者登録よろしくお願いしますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*