Youtube

YouTuberの俺がおすすめのビデオカメラ【FDR-AX45】を紹介する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

社会人やりながらYouTuberやってます。T.T.です。

実は去年末にYouTuberをやっていく上で欠かせない機材を一新しました。

YouTubeを始めてから約1年での購入になります。

ビデオカメラ、マイク、照明機材など、全て買い揃えたのですが、

今回の記事では実写系YouTuberの動画撮影に欠かせない「ビデオカメラ」について紹介したいと思います。

ちなみに僕はSONYのHDR-CX680FDR-AX45という商品を購入しました。

   

 

 

 

 

 

 

 

なんで2つも買ってんの?って思いますよね…

 

気に入らなくて買い直したからです笑

 

なぜ買い直したのか、何が気に入らなかったのかなどについては別の記事で書きたいと思います。

HDR-CX680とFDR-AX45で迷っている人はそちらの記事を参考にしてみてください。

 

今回の記事では最終的にメイン機となったFDR-AX45についておすすめしていきます。

僕は何かを買う時、かなりこだわって、選びぬいた上で買うタイプなので、

同じようなタイプの方には参考になるんじゃないかと思います。

ゲーム実況や動画配信の音質を上げるために、オーディオインターフェースの購入を考えている方は下記記事も御覧ください^^

配信クオリティUPのためにYAMAHA AG03をレビューしてみた

なぜビデオカメラの購入に至ったのか?

この記事を読んでくださる方はおそらく同様の悩みがあると思っているので、

一つずつ皆様に納得感を感じてもらうため細かく書いていきたいと思います。

まず、僕はYouTubeを1年以上やってきました。

実写動画も撮っているのですがその際使っていたのはCanonの「SX710 HS」という機種です。

SX710 HS

SX710 HSの横にサイズ比較としてメンタムリップ並べてみた。

5年前に旅先で購入したものなので型は古いのですが、

画質などはまぁまぁ良くて、普通にやってこれました。

ただ2点!どうしても煩わしく感じていたことが有りました。

それが、バッテリー自撮りのやりにくさです。

ビデオカメラ以外のカメラって普通長時間の動画撮影を考慮していないため、すぐに充電切れになります。

そのため、システム的に30分までの録画しかできないようになってます。

まぁこれに関しては予備バッテリーの購入でなんとか対処できておりました。

しかし、自撮りのしにくさに関しては終始苦労しました。

液晶画面がカメラレンズの背中についているため、

画角に自分が収まっているか、自分の望む画になっているかを確認する作業が

 

めぇえええええええっちゃ煩わしかったんです(´;ω;`)

(もはやこれが一番の理由)

 

そこで今回ボーナスも入ったことだしということで、

常々思っていたカメラ購入に踏み切ったわけです。

ビデオカメラ購入において悩んだ所・要望・状況

悩んだ所は一眼レフかビデオカメラか。

この記事を読んでくださっている方の中には、

そもそもビデオカメラにするか一眼レフにするか悩んでいる人がいるかも知れません。

実は僕がそうでした笑

いいカメラを買うぞ!→画質がいいのはなんだ→一眼レフ!!

グーグルで検索すると100%この答えにたどり着くんですよね笑

すると一眼レフのメリット・デメリットなども書いてあるんですが、素人にはあまりわからない。

後ろがボケて被写体がくっきり映るううう!みたいなそんな認識。

なので僕は店頭に足を運び、プロに聞きました。

T.T.「ぶっちゃけ一眼レフってどうなんですか?動画撮影したいんですけど。」

するとプロが一言。

プロ「一眼レフはマジで面倒っすよ。」

言い方的に本当に面倒くさそうなのが伝わってきました。

面倒くさがりの僕はその瞬間に「ビデオカメラでいいかも」みたいに流されました笑

まぁ長時間録画したいという目的ですし、それが妥当ですね笑

もう少し聞いたんですが、要約すると、

動画一つ録るにしても色々設定しないといけないみたいで、

”デジカメの録画ボタンを押すだけ”に慣れている僕には無理だろうと思いました。

動画撮るの嫌になったら元も子もないし笑

そんな感じで一眼レフの思いを断ち切り、いざビデオカメラ選びに踏み出しました。

ビデオカメラの要望と自分自身の状況

まず購入を検討している僕自身の状況と要望を表にしてみました。

その表の内容がこの記事を読んでくださっている方に一致していればいるほど参考になるかと思いますので(´ε` )

 

予算

5万円~10万円

  • 向こう数年買い換えない + 絶対使うので良いのを買おうと思った
  • HDR-CX680(4万円程度)を購入して失敗しているので高いものにしようと思ってました
カメラについての知識 調べては見たがあまり詳しくない。

  • 解像度とかは高いほうが良いんじゃない的な
  •  4Kのほうが画質良さそう的な
  •  センサーが大事っぽい的な
ブランド SONYかパナソニックだったら安心かな?的な感じ。

  • なんとなく日本のやつが良さそう
  • ビデオカメラと言えばSONYって聞いた気がする的な
性格
  • 失敗したくない
  • 最高の選択をしたい
  • こだわって決めたい
  • コスパ高いの好き
  • できる限り最新のものがいい
ステータス
  • 社会人なのでそこそこお金を出せる
  • YouTube初めて1年以上経過
  • 家撮りがメインでたまに外撮り
  • 現状デジカメで動画を撮っていたが、長時間撮影できないので、購入を検討
    • バッテリー・システム的に
  • 登録者が増えるわけじゃないけど、良い画質のほうが良いよねみたいな理論

上の表に一致していた皆さん。

おそらく色々ググったのではないかと思います。

まずはお疲れ様です笑

僕もググりまくりました。

「YouTuber カメラ」

「おすすめ ビデオカメラ」

スポンサーリンク

「YouTube カメラ おすすめ」

みたいな笑

すると僕たちの要望にあったカメラって自ずと4つくらいに限られてくるんですよね。

その機種はというと下記になるかと思います。

  • SONY FDR-AX45
  • SONY FDR-AX60
  • Panasonic HC-VX1M-T
  • JVC GZ-RY980

そしてプロの店員さんに確認した所

  • SONY FDR-AX45
  • Panasonic HC-VX1M-T

こうなりました。

(いろんな店舗行っても結局この2つを押してます。)

FDR-AX60とGZ-RY980の2つが外れた理由については、

JVCは少し安いのですが、やはりメーカー的に不人気。(メーカハズレの不安)

FDR-AX60に関してはFDR-AX45よりも最新にも関わらず違いはビューファインダーがついているかだけ。

FDR-AX60とFDR-AX45の違い

FDR-AX60とFDR-AX45の違い

なんで最新やのに、性能上がってないねん!

ってツッコミは僕も店員さんもしました笑

何度も確認したんですが、本当にここ以外違いがないそうで、それなのに5000円価格差がでるらしい笑

自宅収録YouTuberにビューファインダーなんて不要です笑

結果、普段最新のものを買いたい派の僕ですら、FDR-AX45でいいやと思いました。

FDR-AX45を選んだ理由!!

いきなり結果からなのですが、僕はPanasonic HC-VX1M-TではなくSONY FDR-AX45を選択しました。

店員さんに聞いた所メリット・デメリットとしては下の図のようになりました。

Panasonic HC-VX1M-T SONY FDR-AX45
良いところ AX45より安い(73,800円)

オートフォーカスが早い

軽い(430g)

手ぶれ補正

SONY製

TVサイズでみた時黒など色がよく出るらしい。

悪いところ 手ブレ補正が弱い

ワイプ撮り機能が不要

少し高い(81,800円)

少し重い(510g)

 

最終的な決め手は、値段、ソニー製品、手ブレ機能この3つでした。

値段に関しては、僕が買った時はキャッシュバックキャンペーンをやっていたことに加え、paypayの100億円還元キャンペーン期間中で

さらに実質20%オフで買えたということです。

もはや普段買い辛い高い方を買ったほうがオトクなのでは?という浪費心理にやられました笑

手ぶれ補正に関しては、普段三脚で撮影することが多いのでそこまで重視していないのですが、

将来外撮りすることを考えると、手ブレって動画のみやすさに直結するので重要視しました。

レンズがギョロギョロ動いてすごいですよ笑

そして何よりブランド….

 

店員「ガチ勢はSONYを買っていくことが多い」

 

店員「今でもマスメディアはSONY」

 

T.T.「おでも…SONYが好き….」

 

最後は愛なのです。

(ソニー製品が昔から好きなんです…)

そんな理由でSONYのFDR-AX45を買うことになりました笑

実際に使ってみた感想

購入してから、家で撮影、してみた感想としては

「4K画質スゴっ!」

「明るい!暗所つよい!」

「カッコイイ!」

「重いしデカイな!」

こんなかんじです笑

画質に関してはスマホでも明らかに画質アップしたのですが、PCで見たときにやばいくらい差を実感します。

これはYouTubeが今後テレビや大画面モニターで見られることを想定して高画質ビデオカメラを購入したので大満足です。

ただ、旅行に行く時や実家に帰省する時など携帯するときには重いし大きいなぁと感じました。

別記事でも書く予定なのですが、お手頃なHDR-CX680と比べると部屋取りでの画質に違いが有りすぎて感動しました。

やはり暗所に強いって部屋取りYouTuberにとってかなり重要だと思います。

最初から高いものを買っておくべきでしたね笑

  • 暗所(自宅部屋)でも画質がいい!
  • 自撮り確認できる!
  • 長時間撮影できる!

これがFDR-AX45をおすすめする理由です。

まとめ

かなり長々と事細かに書いていきました笑

これには理由があります。

僕自身いろんなサイトをみて購入を検討するタイプなんですが、

グーグル検索で調べると購入ターゲットの広い記事が最初にたくさん出るんですよね。

ベスト10!とか笑

その一つ一つを調べてあれやこれや探すのってすごい時間がかかるし、混乱するんですよ。

その中で一番嬉しい記事って自分と同じ状況の人が購入した理由や感想なんですよね。

HDR-CX680を買った時も色んなサイトで良いよ!って意見が多かったんです。

「SONYだしこのご時世安くても5年前のデジカメよりは高画質だろう!」

そう思って購入しました。

ただ、運動会とか録る分には軽くて画質そこそこでやすいしいいよ!ってことだったようで、

画質アップを考えているYouTuberからすると部屋取りの暗所性能のしょぼさに満足できなかったんですよね。

なので、「今回はYouTuberをする上で少しいいビデオカメラがほしい」と思っている人に向けて書いてみました。

ちなみにFDR-AX45はアマゾンでも店頭でもまぁまぁ値段が変わっているようなので、

気になったらちょこちょこ今の値段をチェックしてみてくださいね!

 

8万前後で買えたらお得だと思います(´ε` )

 

この記事参考になったよって人はコメントくれたら嬉しいです笑

また、ツイッターなんかで交流したり、YouTubeについて話しましょー笑

 

ブログランキング・ 参考になった場合はポチッとよろしくお願いしますm(_ _)m へ
参考になった場合はポチッとよろしくお願いしますm(_ _)m

スポンサーリンク

コメント

コメントを残す

*