ガジェット

配信クオリティUPのためにYAMAHA AG03をレビューしてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AG03レビューしてみた
スポンサードリンク

どーもこんにちは!インターネットラジオマンを目指すT.T.です٩(ˊᗜˋ*)و

プロフィール上でも書いているのですが、僕は友人とラジオ番組を持ちたいという夢があります。

そういう夢があったからか、大学1回生の頃からポツポツと一人でニコニコ生放送なんかで配信したりしていました。(過疎放送でしたが笑)

最近は少し本腰を入れて取り組むことに決めたので、毎週末に配信をするようになりました。

配信のクオリティをあげていくためには、僕自身が面白く、上手く話せるようになることや番組の構成が最も大事なことは重々承知しているのですが!!!

それでもお金をかければすぐにクオリティをあげられる部分もあるんですよね!笑

それが配信環境です!

今回は配信環境を良くして良い音をお届けできるように、Webキャスティングミキサー「YAMAHA AG03」を購入したので、購入に至った経緯からレビューなんかをしていきたいなと思います!

今から配信を始めていきたい社会人の方や、今よりクオリティを上げたい配信初心者の方の参考になればいいなと思っておりますε(*´・ω・)з

YAMAHA AG03の購入経緯

今回僕がAG03を購入しようと思った経緯は、マイク音量アップと音質アップのためです。

今までもマイクオンリーで配信していたというわけではなく、配信初心者に定番の「X-Fi GO! Pro」というUSBオーディオインターフェイスを使っておりました。


Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2 Creative USBオーディオインターフェース SB-XFI-GPR2
値段が安いのに、マイク入力の音質が劇的に変わり、さらに超コンパクトで持ち運び便利なので、web配信初心者の方や旅行先で収録したい!という方なんかには超おすすめのアイテムです\(^o^)/

僕も買って6年目になりますが、超現役です笑

ただし、唯一の欠点はマイク入力の音が小さくなってしまうんですよね。

音質と引き換えに音量がけっこう小さくなってしまうので、配信中声がBGMの音量に負けやすくになります。

最近は友人がスカイプで一緒に配信してくれているのですが、実際リスナーの方から「友人の声デカすぎ、僕の声小さすぎ」と指摘されることが多く、僕の声の音量をこれ以上あげれないことに頭を悩ませておりました。

そこで少し本格的なオーディオインターフェイスを購入しようかな-と思ったわけです。

予算は「X-Fi GO! Pro」が約4000円程度だったので、今回は10000-15000円くらいにしました。

YAMAHA AG03を選んだ理由

今回新しいオーディオインターフェースを購入することになって、いろいろと配信環境機材について調べていくうちに購入ポイントが絞れてきました。

  • 予算以内であること
    • 10000-15000円。高くても2万まで!
  • ルルーシュボイスができること
    • カラオケのエコーのこと。音楽関係ではリバーブ機能というらしいです。
  • XLR端子、ファンタム電源に加え、ライン入力ができること
    • ダイナミックマイクやコンデンサマイクだけでなく、一般的なイヤホンの端子もさせるやつです。
  • モニター機能付きであること
    • マイクがONになった状態で話すと、スピーカーorイヤホンから自分の話し声が同タイムで帰ってくる機能です。マイク今ONになってるなーとかマイクの音量大きいかなーとかを自分で感じることが出来ます。
  • そこそこメジャーなブランド・機種であること
    • ただの願望ですが、やはり失敗したくなかったのでw
  • 音量調整がフェーダーであること
    • ただの憧れですが、DJみたいに音量調整したかったのでw
  • 出来るだけ最新版であること
    • 買ってすぐに最新版がでるのは嫌じゃん?

とまぁ、優先度は上から高い感じで、このような条件で探してました笑

そして、上記の最後の項目以外をすべて満たした商品「YAMAHA AG03」を発見しました。


YAMAHA ウェブキャスティングミキサー 3チャンネル AG03
調べてみると、ゲーム配信、雑談配信などであればコレ一台買っとけば大丈夫!という「X-Fi GO! Pro」的なド定番らしい笑

この商品はオーディオインターフェイス機能を備えた小型ミキサーで、ウェブキャスティングミキサーというそうです。(最強ジャネ?)

というわけで

amazonポチィ

YAMAHA AG03レビュー!

なんと頼んで翌日に届きました!凄すぎいいいい

YAMAHA AG03

YAMAHA AG03

付属のUSBケーブル指すと電源をつけることが出来ます。

ただし、ドライバはヤマハHPから自分でダウンロードしてインストールしないといけないようです。早速

大きさは思っていたよりコンパクト。いつも使っているイヤホンやマイクも普通にささりました!

マイクとイヤホンをLINE入力端子にさせる

マイクとイヤホンをLINE入力端子にさせる

 

音声を比較してみた

内蔵マイク・「X-Fi GO! Pro」+普段のマイク・「X-Fi GO! Pro」+普段のマイク+マイクブースト・「YAMAHA AG03」+普段のマイク・「YAMAHA AG03」+普段のマイク+ボリュームアップで録音して比較して見ることにしました。

※最初に波の音みたいなノイズがあるかもしれませんが、それはスピーカーの問題なので関係ないです。

  • 内蔵マイク
    • ザーッていう音(ホワイトノイズ)が聞こえると思います

 

 

  • 「X-Fi GO! Pro」+普段のマイク
    • ザーっていう音が減ったと思います。無指向性(よく音を拾う)のマイクから10センチ位の距離でとっているのですが、音量が小さくなっていると思います。

 

  • 「X-Fi GO! Pro」+普段のマイク+マイクブースト
    • マイクブースト機能を使うと音量が大きくなりますが、ノイズが乗ってしまいます。

 

  • 「YAMAHA AG03」+普段のマイク
    • マイクブーストはつかっておりませんが、フェーダーで8割位のボリュームにしております。

 

  • 「YAMAHA AG03」+普段のマイク+ボリュームアップ
    • フェーダーのボリュームマックスにして、ノイズを下げる機能を2割くらいにしたことで音質は下がったけどボリュームアップしたと思います。まだマイクブーストも入れてないしボリュームUPの余地はあります。

 

比較結果と総評とおまけ

いろんなパターンで実験してみて、音質がそこそこある状態でボリュームアップできるようになったんじゃないかと思っており、配信はまだですが、すでに大満足しております。

音質に関して言えば、「X-Fi GO! Pro」とほとんど変わっていない気がしました。コスパ凄いぞGO! Pro….

ただし、イヤホンさして聞くとなると音質は圧倒的に「YAMAHA AG03」>「X-Fi GO! Pro」でした。

個人的にはマイクブーストをかけるために録音デバイスのプロパティを開いてチェックをいれるという操作がなくなったことや、フェーダーの位置をそのままにすることによって、毎回同じマイク音量で配信できるということにかなり満足しております\(^o^)/

 

ここからはおまけです。「YAMAHA AG03」にはエフェクト機能とエコー(リバーブ機能)があります。

  • 「YAMAHA AG03」のエコー(リバーブ機能)をかけたバージョン
    • カラオケみたいになってる!すごい!!手元のボタン一つでエコーがかけられるのは本当に便利です。

 

さらに専用のYAMAHAのサイトからAG03専用のソフトもダウンロード出来るみたいですが、僕はこれだけで十分だったのでまだしておりませんm(_ _)m

まとめ

今回は初めての商品レビューに挑戦してみました!

今の時代PCや機材の性能が上がり、音質の良い配信が増えているように思います。

音質が良いというだけでリスナーが増えるわけではありませんが、音質が悪いとすぐにブラウザバックするリスナーもいて、リスナー増加の機会損失になってしまいますよね;;

今までずっとマイクの音量問題は気になっていたので、今回で解消できたっぽくて超満足です!

少しお金がかかってしまいますので、社会人の方や収入のある方で配信を始める人n達におすすめかなと思います。

ご精読ありがとうございましたm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*