マインド

やりたいことがわからない人へ。MBTI性格診断で自己分析してみよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
MBTI性格診断
スポンサードリンク

どーも!やりたいことばかりのT.T.です!

突然ですが、人生の中で進路選択を迫られたとき、

「あなたは何になりたい?どんなことがしたい?」

このような質問をされたことはありませんか?

直接されていなくて、自問自答したことはあるんじゃないかと思います。

でも、普段からあまり深く考えずに生きてきた人や、

考えたけどわからないという人にとってこの質問に答えるのは難しいかもしれません。

そんな時あなたに質問したいことがあります。

 

「あなたはどんな人?」

 

この質問に対してすぐに答えられる人は少ないのではないでしょうか。

やりたいことが山ほど出てきて、逆にやりたいことが何かわからない!という人は

以前書いた「やりたいことが多すぎる人へ。マルチポテンシャライトになろう。」という記事を読んでみて下さい^^

答えられなかった人におすすめなのがMBTIという性格診断です。

占いや診断は嫌いという人もいるかと思いますが、

この診断は、キャリアカウンセリング分野の検査ツールとして

世界で一番利用されている診断ですので、

ある程度信頼できるものなんだと思って、是非一度やってみてください^^

MBTI性格診断には「16Personalities」というサイトがおすすめです。

質問項目は多いのですが、結果はよく当たっていると思います。

以下では簡単にMBTIについて説明します。

MBTIとは

MBTI性格診断は以下の4つの指標で診断します。

興味・関心の方向性(E or I)

興味・関心・エネルギーの方向が内向的なタイプか外交的なタイプか診断します。

  • なぜなぜ?と他人のあれこれが気になる人は外交的なタイプです。
  • 頭のなかであれこれ考え、一人で過ごすのが好きな人は内向的なタイプです。

ものの見方(S or N)

物事を見た時にどのように情報を知覚するかで、感覚タイプか直感タイプかを診断します。

  • 一つ一つ物事の事実を確認しながら情報を取り入れていく人は感覚タイプです。
  • 直感的に感じたことをそのまま受け入れ、イメージのままに情報を取り入れる人は直感タイプです。

判断の仕方(T or F)

物事の判断をする際、どのように結論を導くかで思考タイプか感情タイプかを診断します。

  • 合理的、論理的に結論を導くような人は思考タイプです。
  • 気持ちを大切にし、感情的に結論を導く人は感情タイプです。

外界との接し方(J or P)

どんなライフスタイルか、どのように他者と関わり合っているかで規律のあるタイプか、臨機応変なタイプかを診断します。

  • スケジュールにそって行動する計画性のある人は規律のあるタイプです。
  • 時と場合によって考え方を変え、状況に応じて行動する人は臨機応変なタイプです。

生まれたときからほとんど変わらない診断結果

これらの指標を組み合わせることで

人間を全16タイプに分類できます。

タイプ別に、自分の性格や考え方が詳しくフィードバックしてくれ、

タイプ別の相性や、適職なんかもリストアップしてくれます。

子供の時から、ほとんど結果が変わらないらしく、

素の自分を知ることができるため、進路選択の判断基準に

することができるかもしれません。
自分の欠点だと思っていたことも、長所として捉えられ、

欠点ではなくなるかもしれないので、本当におすすめです。

まとめ

以上将来の夢に迷っている人や、自分が何をやりたいのか知りたい人に向けて

MBTIを紹介しました。

僕は漫才などをやっていたこともあって、エンターテイナータイプのENTPかな

とおもったのですが、一つ違いのENFPタイプでした。

ENTP:広報運動家型の人達は自立心が非常に強く、安全や安定よりも、創造性や自由をはるかに求めます。

今までに僕の記事やこのキ●ガイプロフィールをみてくれた方はわかると思いますが、

めちゃくちゃあたってます笑

「やりたいことがわからない」と考えてしまう方の中には

自分自身をよく知らないという方も多いと思います。

MBTIを利用して自己分析し、やりたいことが見えればいいなと思います(^^)

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントを残す

*